トップページ地場産業のご紹介 > サンダル履物

サンダル履物

主な商品
健康サンダル・ ベンハーサンダル・ヘップサンダル・ビーチサンダル・ カリプソ
始まり
明治初期
主な生産地
桑名市

サンダル履物の歴史

 桑名の履物の歴史は、 明治初期より「伊勢表」といわれた竹皮の草履表の生産が始まり、草履表といえば「伊勢表」といわれるほど、 日本中を風靡(ふうび)しました。

大正時代には、 伊勢表と共に草履、下駄用の布や皮鼻緒「伊勢なめし」の生産が盛んになり、全国にその名が知れ渡りました。
製造業者数十余軒を数え、 これに従事した人は200から300人とも言われ、草履表業者と皮革鼻緒業者が、 共に全盛を誇りました。

 戦時の不況とともに、 皮革鼻緒は供給不足となり、原材料の入手不足と需要の減少で、昭和18年頃から布製品の鼻緒に変わり、 終戦を契機に鼻緒製品に絞られてきました。

 昭和33年頃から、静岡市、 奈良県王子町を中心としたビニールサンダルが台頭してきました。
これを契機として桑名の鼻緒業者もだんだんに不況となり、 下駄産業とともに、転業に拍車がかかり、ほとんどの業者がビニールサンダルに転向し、現在に至っています。

 最初のうちは、 木履の台にビニールバンドを打ち付け、底には再生したビニール板をのり付け接着したものでしたが、 1年位で現在のデザイン様式のビニールサンダルとなりました。
日常生活の変化と共に、 ヘップサンダル、ベンハーサンダル、ビーチサンダル等各種デザインのものが出てきました。
中でもカリプソ*1と言われる鼻緒付きのサンダルは、 長期にわたり生産が続けられ、現在では、桑名の特産品となっています。

また、 布とキルクが素材の伝統的な和装履が作られております。(*カリプソ:南洋のリズムからとった名前)
 桑名市のサンダル履物業は平成13年度で41事業所、 124人。
出荷高は、 年間約7.8億円になっています。

 現在は、 大資本商品、外国の安い人件費による輸入商品の攻勢があり、流行の柄、デザインをいかにつかむか、 消費者のニーズにどう対応するかが、サンダル業界にとって生き残るポイントであり、新商品の開発に力を入れ、 桑名しか出来ない競争力のある製品づくりに努力しています。