トップページ > 地場産業の体験動画> 地場産業について

地場産業について

三重北勢地域の地場産業について

地場産業とは、その土地の人たちがその場所で自分たちのお金や労働力、技術を使って、その場所にある材料で、その土地でしかできないものをつくることです。
私たちが住んでいる三重県北勢地域には、四日市萬古焼、伊勢型紙、鈴鹿墨といった伝統的工芸品のほか、伊勢茶、大矢知手延素麺、食用油、地酒、漁網、撚糸、タオル、ローソク、鋳物、サンダル、時雨蛤、日永うちわなどがあります。
主な地場産業については、テキスト(三重北勢地域の地場産業)を参考にしてください。

地場産業について動画で見てみよう!